「けるぷ農場」の楽園チックな鶏舎でヒヨコたちが教えてくれたこと

幸せオーラを振りまくヒヨコ集団

2018.05.11

食の愉しみ

シェア シェア ブックマーク LINEで送る

■肥料なしで作物を育てる農場

福島県郡山市の郊外で自然農法を行う「けるぷ農場」を訪れました。

 

ここは無農薬というだけでなく、堆肥などの有機肥料さえも一切使わず、自然のエネルギーだけで作物を育てています。作っているのはグリンピース、いんげん、きゅうり、ミニ人参、大麦などの穀類、そして金ゴマ、黒ゴマなどなど。

肥料を使わない理由は、使うと害虫や雑草が増え、自然との共存が難しく収量も安定しないからだそうです。

この日は朝から雨。露に濡れる麦たちが美しい。

「けるぷ農場」社長の佐藤喜一(さとう・きいち)さん。喜一さんは2代目。ハットと長靴がキマってますね。

音楽家(パーカッショニスト)としての顔も持つという喜一さん。

けるぷ農場はもともと養鶏をメイン事業として行ってきましたが、2011年の東日本大震災によって大きな打撃を受けます。

売上8割減。

やむなく養鶏を断念し、この土地や気候にあった作物づくり、土作りの研究をしながら野菜や穀物の生産を行ってきました。

でも、喜一さんが本当にやりたいのは鶏。

また鶏を育てたい。

そして震災から7年目となった今年の春、ついに養鶏を再開することになりました。

■のびのびとしたヒヨコたちの姿に感動

「あそこにヒヨコがいるんですよ」

喜一さんが指さした先は大きなビニールハウス。

案内されて中に入った瞬間、見学の11人全員が「わーっ」と歓声を上げました。

「ピヨピヨピヨピヨ」という元気な鳴き声。

懐かしいヒヨコの匂いと干し草の匂い。

一面に敷き詰められた草の間に200羽のヒヨコたちがせわしなく動いていました。

幸せそうに鳴きながら自由に動き回って餌をついばむヒヨコたち。

時折、何かのきっかけで一斉に運動会のように走り回ったり、とにかく可愛い。

 


「この鶏たち、幸せですよねー」

見学者ほぼ全員から同じ言葉が漏れました。

なにしろ、この鶏舎だけで十分広いのに・・・

なんと、昼間はこんなふうにドアを開放し、屋外で放牧をしているというのです!

そして驚くことに、鶏たちが飲んでいる水は、近くの酒蔵「仁井田本家」の仕込水なんだそうです。

仁井田本家は300年の歴史を持ち、すべての仕込を自然米と自然派酒母で行う酒造りで有名で、仕込水は自社の山や井戸水からの天然水を使用しています。

「作物で試したら、水道水と天然水では発育が全く違うんです。だから鶏用に水をわけてもらうことにしました」と喜一さん。

実は仁井田本家の十八代、仁井田穏彦さんと喜一さんは仲が良いのです。

この町(田村町)のこの一帯、とんでもなくオーガニックなネットワークがあるエリアなんですね。

■「幸せな鶏」を育てる意味

水は天然水、餌はもちろん自然農法で作った作物。広い鶏舎で太陽光もたっぷり浴びる。

まったくもって贅沢で幸せな育てられ方をしているヒヨコたち。

このヒヨコは名古屋コーチンのひな鳥で、この秋に食肉として出荷されます。

そう聞くとなんだか生々しい。

結局は食べられてしまう(食べてしまう)という意味では、一般的な養鶏場で工業的に育てられる鶏と同じなのか。

そんな考えも一瞬脳裏をかすめましたが、喜一さんの言葉にはっとしました。

「世界一幸せな鶏を育てたい」。

森の中で鶏が遊べば農地がよくなり、森の再生、山との共生につながる。

少し哲学的な喜一さんの話を伺いながら、「幸せ」という言葉が心に刺さっていました。

これまで肉でも魚でも、そして野菜でも、食べ物そのものが「幸せかどうか」などと考えたことは一度もありませんでした。

でも、このヒヨコたちを見たとき、身も蓋もないのですが、

「こんなに幸せに育てられた鶏は美味しいに違いない」と確信したのです。

味もそうですが、絶対に「幸せ成分」が入っているはずだと。

幸せは「健康」とも置き換えられるかもしれませんが、

単に健康というだけでなく、愛情をこめたケアの結果としての健康というか。

そして、そういう幸せ成分が入っている鶏は、それを食べる人間をも幸せにしてくれるはず。

もちろん、それは鶏に限ったことではないでしょう。

 

まさか養鶏場で「幸せ」というキーワードが出てくるとは思っていませんでしたが、

「ピヨピヨピヨピヨ」という無邪気なかわいい鳴き声を聞きながら、

「私はこのヒヨコたちほど幸せだろうか」

と、自問せずにはいられませんでした。

 

この名古屋コーチンは、当然一般的な鶏の何倍もの価格になりますが、

これは絶対に食べてみたい。

でもその前に、もっと大きくなった鶏たちに会いにまたけるぷ農場を訪れたい。

そう喜一さんに言ったら、

「どうぞ、いつでも来てください」とさわやかな笑顔で返してくれました。

*****

福島の「イケてる生産者」を紹介する「食大学」のWebサイトに喜一さんのインタビュー動画が掲載されています。

ぜひお話を聞いてみてください。(このサイトは、ほかにも素敵な生産者さんの情報が満載です)

Hitomi Kumasaka (熊坂 仁美)

メディアロケット編集長。自他ともに認める食いしん坊でお酒好き。ラテン系だとよく言われます。

シェア シェア ブックマーク LINEで送る

同カテゴリ記事

もっと見る now loading

ABOUTメディアロケットについて

「メディアロケット」は、ローカルライフをたのしむ人のウェブメディアです。ロケットのようにローカルの未来に向けて発信していきます。もっと読む

メディアロケットで
自社の商品を
PRしたい方はこちら

人気ランキング TOP5

  • 食の愉しみ

    暗闇に浮かぶセクシーな桃。福島のナイトタイムを楽しむ『夜の果樹園』は発見の連続。

    2018.09.22

  • 日本酒

    初秋の味覚とひやおろし。ときどき戻り鰹。〜林智裕の「ウチにおいでよ!」Vol.4

    2018.09.12

  • 絶景写真スポット

    【霧幻峡】密かに人気上昇中の秘境写真が撮れるスポット

    2017.09.15

  • ワイン

    想像以上に面白い!初めての勝沼ワイナリー巡り

    2018.09.11

  • ワイン

    ソムリエ石田博氏によるワインペアリングは驚きの連続@おいしいアカデミー 

    2018.08.05

アーカイブ

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube