Terms of service利用規約

  • 受講生利用規約

    本規約は、「株式会社SML」(以下「当社」)において、受講生が当社が運営する教育サービスを受講するにあたって、受講生と当社の間に生じる一切の関係に適用されます。

  • 第1条(受講資格)

    ⅰ.当社が提供する講義(以下「講義」)を受講する者を「SML セミナー・講座受講生」(以下「受講生」)といいます。
    ⅱ.受講生は、本規約に同意の上、所定の手続きによる申込、受講登録及び受講料の払い込みを行い当社がその登録を承認した者が、その資格(以下「受講資格」)を有します。
    ⅲ.受講生は、当社教育サービス利用中および卒業後も、当社教育サービスを利用する場合には本規約に定める規定に従うものとします。

  • 第2条(受講資格の停止)

    ⅰ.当社は、受講生が以下の項目のいずれかに該当する場合、当該受講生に事前に通知することなく、直ちに受講資格の停止(退学)をできるものとします。
    1.当社への申告、届け出内容に虚偽があった場合。
    2.過去に本規約違反などにより受講資格停止処分されている事が判明した場合。
    4.本規約に違反した場合。
    5.その他、当社が受講生として不適格と判断した場合。

    ⅱ.当社が前項の措置をとったことにより、当該受講生が当社を利用できなくなり、これにより当該受講生または第三者に損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負いません。また、前項各号の各項に該当する行為によって当社および第三者に損害が生じた場合、受講資格を停止された後であっても、当該受講生はすべての法的責任を負うものとします。

  • 第3条(禁止事項)

    本サービスのご利用に際して、以下の行為を禁止します。これらに違反された場合、当社は、利用者による取引を停止したり、以後の取引をお断りすることがあります。また、利用者の違反行為により当社に損害が生じた場合は、利用者がその損害全て(合理的な弁護士費用を含むが、それに限定されません。)を速やかに賠償する責任を負うものとします。
    1.当社、他の利用者、その他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねる行為。
    2.当社、他の利用者、その他の第三者のプライバシーを侵害する行為。
    3.メールアドレス又はパスワード及びその他個人情報を不正に使用する行為。
    4.選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為。
    5.有害なコンピュータプログラム等を送信又は書き込む行為。
    6.当社を利用した営利を目的、又は営利的色彩を帯びた行為。
    7.当社の目的に反するような行為又は書き込み行為。
    8.公序良俗に反する行為。
    9.犯罪的行為もしくはそれに結びつく又は引き起こす行為。
    10.宗教的又は政治的、営業的勧誘行為。
    11.その他、法令に反する行為や当社が不適切と判断する行為。

  • 第4条(受講登録後のキャンセル)

    ⅰ.受講料の入金後に発生したキャンセルについては以下の規定が適用されます。
    1.キャンセルの方法は登録事務局( info@socialmedialabs.jp )へのe-mail連絡によるものとします。
    2.申し込み完了から開催14日前まではキャンセル料1,050円となります。
    3.開催13日前から開催8日前まではキャンセル料30%となります。
    4.開催7日前以降はキャンセル料100%となります。

  • 第5条(損害賠償)

    ⅰ.受講生が第三者または当社、施設に対して迷惑行為や損害を与えた場合、当該受講生は自己の責任で問題・損害を解決するものとし、その損害を賠償するものとします。
    ⅱ.受講生が講義中および公認活動中に事故・盗難被害にあう等により損害が生じた場合は、当社は一切の責任を負いません。但し、当社の責に帰すべき事由により損害が生じた場合には、当社は、当該講義或いは公認活動の受講料相当額を限度として賠償責任を負うものとします。

  • 第6条(個人情報の取り扱い)

    当社は、別途定める個人情報保護方針に従って、受講生の個人情報を適切に取り扱うものとします。

  • 第7条(著作権)

    ⅰ.受講生は、当社の講義および公認活動を通じて提供されるいかなる情報、ソフトウェア、当社ロゴおよびロゴマーク等も、権利者の許諾を得ないで、転送、転載、複製、頒布、出版その他いかなる方法においても当該受講生の個人としての私的使用以外の使用はできないものとします。
    ⅱ.当社は、受講生が発信したコメントその他の情報が、次のいずれかに該当する場合には、当該受講生に断りなくこれを停止・削除することができるものとします。
    1.当社、他の利用者、その他の第三者の著作権その他の権利を侵害している、と認めた場合。
    2.当社、他の利用者、その他の第三者の名誉もしくは信用を毀損していると認めた場合、または名誉もしくは信用を毀損しているとの警告、申し出等を第三者から受取った場合。
    3.日本または適用ある外国の法令に違反している、と認められた場合。
    4.裁判所、検察、警察その他国家機関等から法律に基づき削除するよう命令を受けた場合。
    5.その他、当社が不適切と判断した場合。

  • 第8条(譲渡禁止等)

    受講生は、受講生として有する権利または義務を第三者に譲渡し、担保に供する等の行為はできないものとします。

  • 第9条(変更の届出)

    ⅰ.受講生は、当社への届出内容に変更があった場合、速やかに当社所定の方法で変更の届出をするものとします。
    ⅱ.前項の届出がなかったことにより受講生が不利益を被った場合、当社は一切その責任を負わないものとします。

  • 第10条(当社の判断による講義の中断、延期、中止)

    ⅰ.当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、受講生およびコンテンツ実施者に事前に通知することなく講義を一時的に中断、延期・中止できるものとします。
    1.設備等の保守を緊急に行う場合。
    2.火災、停電等により講義の提供ができなくなった場合。
    3.天災地変等の不可抗力により講義の提供ができなくなった場合。
    4.その他、運用上または技術的に当社が講義の中断が必要と判断した場合。
    ⅱ. 当社は、前項により講義の中断、延期、中止等が発生したとしても、これに起因して受講生が被った損害について一切その責任を負わないものとします。

  • 第11条(規約の変更)

    ⅰ.当社では、受講生の了承を得ることなく本規約を変更・追加することがあります。変更後の規約は、受講生に掲示した時点より効力を生じるものとします。
    ⅱ.強行法規の改定等により、本規約の一部が同法規に抵触する場合には、当該部分を同法規の定めに従い変更したものといたします。

  • 第12条(準拠法と裁判管轄)

    ⅰ.本規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。
    ⅱ.本規約に関するいかなる紛争も東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

  • 第13条(附則)

    平成24年10月1日制定
    本規約は、平成24年10月1日より施行する。

  • 2016年11月1日
    株式会社SML

ABOUTメディアロケットについて

「メディアロケット」は、ローカルライフをたのしむ人のウェブメディアです。ロケットのようにローカルの未来に向けて発信していきます。もっと読む

メディアロケットで
自社の商品を
PRしたい方はこちら

人気ランキング TOP5

  • デジタルガジェット

    買って1週間、iPhone 6から乗り換えた私のiPhone Ⅹレビュー

    2017.11.09

  • 低温調理

    プロも絶賛!話題の低温調理器具「ANOVA」でローストビーフを作ってみた(使い方動画あり)

    2017.11.08

  • おすすめスポット

    敷地全体にいい空気が流れる美しいアトリエ「蓮笑庵(れんしょうあん)」

    2017.11.06

  • 低温調理

    【検証】低温調理器ANOVAで作る料理は本当に誰でも失敗しないのか?

    2017.11.10

  • デジタルガジェット

    Apple Watch歴2年の私がSeries3を1週間使って感じたこと

    2017.09.29

アーカイブ

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube