年始の挨拶にはこれ!かわいさ&インスタ映え抜群「まいあめ工房」のお年賀飴

食べるのがもったいないくらいかわいい

2017.12.20

ローカルフード

シェア ブックマーク LINEで送る

今年も終わりに近づいてきました。今回は年始の挨拶をしに訪れる時に持っていきたい可愛い贈り物を紹介します。

■日本の伝統工芸が生み出す かわいい飴

新年のご挨拶の時にぴったりな、おめでたくてかわいいギフト「組み飴」。
日本の伝統工芸品のひとつでもあるこの組み飴は「まいあめ工房」さんで作られています。まいあめ工房さんは組み飴を次の世代に繋げることを使命として10年前にスタートした企業です。
組み飴は失敗のできない一発勝負、全て手作業で作られているとのこと。熟練の職人さんが手がける飴はまさに芸術そのもの。親指の爪ほどの飴に細かいデザインが忠実に再現されています。

Instagramの旧ロゴ。ポップな色合いで作られた飴はインスタ映えもします


複雑な四文字熟語もこんなにはっきり。職人さんの技の高さが伺えます。

まいあめ工房さんのInstagramアカウントは飴の制作過程のムービーが国内外問わず非常に有名です。再生回数はなんと500万回以上!いいねの数も5万件以上とものすごい数です。


この動画には#slime(スライム)がついており、それが爆発的に人気になった理由だそうです。この何とも言えない動き、ずっと見ていたくなりますね。

■かわいい組み飴がたくさん届きました

実はまいあめ工房の社長さんというのは、メディアロケットの人気記事Apple Watch歴2年の私がSeries3を1週間使って感じたこと を執筆された中村貴男さん。毎年この時期になると「お年賀飴」を送ってくださるのです。
今年も縁起のいいデザインの飴がたくさん箱に入って届きました。

開けた瞬間から思わかわいい!を連呼してしまいました。こんな可愛いパッケージと可愛いデザインの飴は今まで見たことがありません。

お年玉風の袋に3つのデザインの飴が入っていました。

おめでたい富士山、2018年の干支「戌」、「どうぞよろしく」の文字が入っている3つの飴。色鮮やかで可愛いらしいデザインです。これはインスタ映えもしますね。複雑な文字や絵柄を親指の爪くらいしかない飴にここまで再現できる技術は素晴らしいの一言につきます。

正直食べるのがもったいないくらいです。

と、いいつつもしっかり頂いちゃいました。2018年の干支、戌です。その顔には手作りだからこそ出せる味を感じます。アンニュイな顔が可愛すぎて食べてしまうのが可愛そうですが…ぱくっ。
ほんのりレモン味でおいしい!
この犬のデザインはまいあめ工房さんの看板犬「白柴む~ちゃん」からインスピレーションを得ているそうです。

中村貴男さん(@myame_boss)がシェアした投稿


この可愛さは反則です…。

まいあめ工房さんでは「お年賀飴」や「合格飴」など既成のかわいいデザインの飴はもちろん、自分オリジナルのオーダーメイド飴を頼むこともできます。
年始のご挨拶周りにはもちろん、そのほかのお祝い事や行事の贈り物にもぴったりな組み飴。ぜひみなさんも買ってみてくださいね。

→まいあめ工房オンラインショップ

ケイティ

24歳、生粋の福島っ子。㈱SMLではクリエイティブ担当。英語バイリンガル、ヨガインストラクターの資格あり。

シェア ブックマーク LINEで送る

同カテゴリ記事

もっと見る now loading

ABOUTメディアロケットとは

メディアロケットは、福島を中心とした「ローカルな食」の魅力をお伝えし、楽しんでいただくメディアです。 → 続きを読む

メディアロケットで
自社の商品を
PRしたい方はこちら

人気ランキング TOP5

  • 月刊DOCG

    貧しい土地から生まれた偉大なワイン〜産地をめぐるワインつきマガジン「月刊DOCG」レビュー…

    2020.02.26

  • 海外の食文化

    サルデーニャの羊乳チーズ「ペコリーノ・サルド」の老舗工房へ〜イタリア生産地をめぐる旅④

    2019.05.08

  • 海外の食文化

    甘口ワインは「家飲み」をグレードアップする秘密兵器だ〜「ラザグレン・マスカット」レビュー

    2020.03.13

  • 月刊DOCG

    目にも美しい高級プロセッコを楽しむ〜産地をめぐるワインつきマガジン「月刊DOCG」レビュー…

    2019.06.30

  • 日本酒

    「天明」「一生青春」の曙酒造の蔵開きに行ってみた!

    2019.11.15

アーカイブ

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube