【メディロケキッチン】第3回「アレンジいろいろ!低温調理でマッシュポテト」

ローストビーフやステーキのお供に

2018.02.14

低温調理

シェア ブックマーク LINEで送る


今回はローストビーフやステーキの付け合せにもピッタリな「マッシュポテト」を低温調理してみました。
裏ごしが大変なマッシュポテト。低温調理で火を通してフードプロセッサーにかければ、裏ごしの手間もなく簡単にできちゃいますよ。

■下ごしらえ

・材料

男爵じゃがいも(中)2つ
牛乳 70cc~100cc
バター 15g程度
塩 適量
砂糖 大さじ1~1.5
マヨネーズ 大さじ1

・低温調理器の設定温度と調理時間

85度で40分

じゃがいもの皮をむき、1cmくらいの厚さに切ります。

切ったじゃがいもと牛乳、バターをジップロックにいれます。
袋が平らになるようにじゃがいもを並べ、牛乳が出てこないように気をつけながら空気を抜いていきましょう。今回は水圧は利用せず、手で空気を抜きました。

■低温調理開始!

例によってじゃがいもの入ったジップロックをウォーターバスに投入し、浮かないようにクリップで袋を留めます。

このまま85度で40分間、調理していきます。今回は野菜なので、ちょっと高めの設定温度です。高めの設定温度にすることで、野菜の甘味がさらに増します。

~40分後~
さて40分が経ちました。袋を開けて、菜箸がじゃがいもにスッと通れば低温調理は完成です!

■最後の仕上げ

火が通ったじゃがいもをフードプロセッサーに牛乳やバターごと一緒にいれます。

温かいうちに砂糖と塩で味付けをし、一旦フードプロセッサーで30秒ほど撹拌します。

マヨネーズを入れて、さらに滑らかになるように撹拌します。

こんな風に滑らかになったら完成です!

出来上がったマッシュポテトはサラダにするのはもちろん、お肉料理の付け合せやバケットにのせてサンドイッチ風にしてもオシャレで美味しいですよ。

◎こちらの記事もオススメです
料理動画【メディロケキッチン】始めます!第1回「低温調理で作る厚切りステーキ」

【メディロケキッチン】第2回「低温調理で簡単!本格ローストビーフ」

プロも絶賛!話題の低温調理器具「ANOVA」でローストビーフを作ってみた(使い方動画あり)

日本語サポートのある国産低温調理器BONIQはこちら
↓↓↓↓↓↓

Editorial Team

メディアロケット編集チームです。

シェア ブックマーク LINEで送る

同カテゴリ記事

もっと見る now loading

ABOUTメディアロケットとは

メディアロケットは、福島を中心とした「ローカルな食」の魅力をお伝えし、楽しんでいただくメディアです。 → 続きを読む

メディアロケットで
自社の商品を
PRしたい方はこちら

人気ランキング TOP5

  • 低温調理

    低温調理のステーキと普通に焼いたステーキ、同じ条件で味を比べてみました

    2018.01.11

  • ローカルフード

    いまさら聞けない肉の部位の名前【肉好きのための基礎知識】

    2018.01.16

  • 海外の食文化

    「アブルッツオ」でイタリアのハムとチーズの実力を知る〜イタリア生産地を巡る旅①

    2019.04.26

  • ローカルフード

    食イベント「酒蔵の特別室で楽しむ吟醸酒と会津喜多方牛」で春の喜多方を満喫

    2019.05.06

  • 肉の愉しみ

    知っているようで知らない!?牛肉の部位と特徴

    2019.05.03

アーカイブ

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube