春爛漫。全国各地、味とりどりの花見酒。〜林智裕の「ウチにおいでよ!」Vol.11

お花見の酒はやはり日本酒で。

2019.04.07

ローカルフード 日本酒

シェア ブックマーク LINEで送る

こんにちは! 東京では桜も満開をむかえて、春本番!! だね。 福島も、だんだん見ごろの場所が増えてきているよ♪

ところで、お花見には行った? まだこの辺だとビミョーに早い? かな。近々ボクもなんとか都合つけて、今年も双葉郡富岡町の夜ノ森の桜並木を観にいきたいなぁ…。

8年前の原発事故の原発事故のあとは、しばらくはお花見どころじゃなかったんだけどね。今もいろいろ大変なことはあるけど、少しずつ暮らしが戻ってきているところもあるんだよ? ちなみにこれ、おととしの写真。キレイでしょ? (*´▽`*)

この時期は、桜にかぎらずたくさんのお花が全国それぞれに咲いてくるから気持ちまで明るくなってくるね! まるで、それぞれの地域が春のリレーを繋いでいくように、色とりどりのたくさんの花、花、花。これって、地酒がそれぞれの地域や種類ごとに味わいの個性が違うことにも似ているかも? なーんて。

せっかくだからお花見の気分で、今日はちょっと豪華に、全国から味もタイプも色とりどりのお酒並べて花見酒! って感じにシャレこんでみようよ! ( *´艸`)

というわけで、まずは最初の一本! 王道の、とりあえずビール!! で。

ちなみに、今日はちょっと変わったビールを。

サッポロビールから4月9日に発売される「伝説のホップSORACHI1984」という、実はまだ未発売のビール! です。ミッションアンバサダーっていう企画に応募したら、事前に送ってもらえたの。ちょっとうれしいので、せっかくだからおすそわけ♪

それにしても、「このビールは世界を変えるかもしれない。」すごいキャッチコピーだね…。

ではでは、今日もさっそく…

かんぱ~い! (*^-^)ノ■☆■ヾ(^-^*)

いつもおつかれさま~♪  (*’▽’)ノシ

ん~~~~~!

爽快なのに、薫り高くて、コクの奥深さもしっかりあるビールだね。(*´▽`*)

このビールね、サッポロビールさんが開発したSORACHI1984っていう、日本の北海道生まれのホップを使ったエールビールなんだけどね。薫りも味もかなり強く華やかで、開発された当時のビール市場ではウケなさそうだということでお蔵入りになった「幻のホップ」だったんだって。

その後、ホップは北米にわたって大切に作られ続けていたらしいのだけど、これが海外のクラフトビールで使われはじめると、「1ランク上の味になる」とのことで、大ウケ! まさに「生まれる時代が早すぎた」日本生まれのホップがアメリカで35年近くの時を経て育てられ、愛され、満を持して里帰りを果たして商品化されたのだとか。なんか、ドラマみたいだね。

ちなみに、アロマと余韻が強めのホップとの前情報だったので、おつまみとしてはローストビーフを少量用意して臨んでみました♪ 今日のお皿は、長崎土産の波佐見焼(はさみやき)。ささ、つまんで? コレもビールと合わせると、いい感じに美味しいよね。

もっかい改めて飲むと、これ、泡がとてもきめ細やかで上質なビール感があるねー。アロマホップの香りがとても強い。

でも、だからといって華やかさの自己主張が強すぎる訳でもなく、落ち着いた風格も感じる。爽快で軽やかながらも奥行があり、心地よい余韻が残る。食事とのペアリングにも使い易くてとても良いよね。

ビールってさ、基本的に何と合わせても美味しい! ってことがほとんどなんだけどね。それでもなお、ペアリングを深く考えはじめると意外と深いというか。

たとえばアロマ感が強すぎると、それはそれでめっちゃ美味しい! のだけど、おつまみによってはビールが主役になりすぎてペアリングが難しかったり、二杯目以降が飽きてしまうこともあるし。

その一方で、キレの鋭さもビールの大きな魅力の一つで、確かに暑いときなんかには「ああああああ!!! 美味しい!!!!! 最高!!!!」ってなるけど(笑)、でもこれもおつまみ次第では食材の豊かな香りや味わいもろとも斬ってしまう面もあるし。

このビールは、そーいうのの間で絶妙なバランスを持っている万能感がスゴいね。味わいが半端とかじゃなくて、すっごく品質高い中でのオールマイティさというか。(´・ω・`)

それってある意味、今の日本酒のトレンドにもちょっと近い? かも。これは確かに、サッポロビールさんの自信のほどが、良く判る完成度。まさに、「花見酒」にもピッタリだね!

─────

さてさて。では、今日もそろそろ日本酒いってみちゃうよー♪

本日のラインナップはこちら。「若波・純米吟醸(福岡県)」、「金婚・ぎんから(東京都)」、「玉旭・純米吟醸BLACK(富山県)」、「白老・純米吟醸千本錦(愛知県)」、「金水晶・特別純米むろか生(福島県)」。

今日は花見酒ということで花の繚乱をイメージして、いつもより少し種類多めに。そして、それぞれ味わいのタイプが違うものを用意してみましたー。(*´▽`*)

今回は、お酒メインでおつまみは少し控えめに。近所のスーパーで買った若鶏の砂肝とカキフライです。もうひとつは、福島の美味しいおつまみと秘蔵の酒が毎月送られてくるfukunomoでも採用された、会津天宝さんの「いか大根」おつけもの。fukunomoでは、ボクはお仕事としてレビュー連載しているのだけど、毎月いろいろ美味しいものやマニアックで面白いもの教えてもらえるから、公私ともに重宝してます。これがなかなか、楽しいんだよー? ( *´艸`)

 さて。では今回の日本酒の一本目は、福岡県大川市より「若波 純米吟醸」。今日の日本酒の中では、いちばん華やかさが最初にくる味わいだと思うよ。
ボクは大川市っていうと、家具のイメージ強いなぁ。特に食器棚が得意だった印象が。
まま、それはともかく、ぐぐーっと、まずは一杯。どーぞ♪
どう?美味しい?
しかし、これはまた綺麗な吟醸香がする、丁寧に造られたお酒という感じがしますなー。後味に立ち上るイチゴのような果実味も特徴的だね。Σd(≧ω≦*)
九州というと焼酎のイメージ強めだけど、おいしい日本酒もたくさん造ってるんだよね。このお酒は結構万能にイロイロ合わせられそうだけど、特に食前酒、乾杯酒にしたらとても華やかで良いかも。あと、お刺身に九州の甘口醤油を合わせてこのお酒やったら最高かもしれないね。( *´艸`)
 ──────
2本目は東京、東村山市の「金婚」ぎんから。 こっちは対照的に、落ち着いた昔ながらの旨い呑兵衛酒の味がする一本。長くじっくり飲めそう。これも好き。(/ω\)
「金婚」を造っている豊島屋酒造さんは、江戸時代には「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われていたという由緒ある銘酒で、あの有名な東京の明治神宮神田明神山王日枝神社での御神酒にもされている江戸・東京の地酒。「金婚」という名前は明治天皇の銀婚式をお祝いする願いを込めて命名したとも言われているんだって。花のお江戸でのお花見は、このお酒でしみじみ…というのも粋なものだねぇ。
今回選んだ「ぎんから」は、吟醸酒。「吟醸辛口」だから「ぎんから」なのかな?

昔ながらの味わいの良いところを感じさせつつも、しっとりとした風合いで雑味は少ない。常温やぬる燗で飲んでもよいね。穏やかで飲み飽きず、延々と飲んでいられそう。というか、宴もたけなわな中盤〜終盤までも、静かにちびちびやる楽しみには最高。おつまみには焼鳥とか、あと、おでんとか良さげ。屋台とかで出てきたらますます最高かよ!となりそう。(*´ω`*)

もっとも、同じ豊島屋さんでも「屋守(おくのかみ)」という銘で出しているお酒の方は、また違う今風の香り高く爽やかな味わいで、これもすっごく美味しいのだけどね。

 

──────

3本目は、富山の玉旭純米吟醸BLACK。前も一緒に飲んだお酒だね。リピートしちゃった☆
これもやっぱり旨い!!
実はボク、生酒は割と飲み疲れしやすいのでちょっぴり避けがちなんだけどね。これは飲みやすい。いつだって飲みたい!(笑)
玉旭さんのこの一本は、日本酒の新時代を感じさせるような、新しい個性豊かな味わい。でも技術の裏付けがちゃんとしているから、初心者から呑兵衛さんまで幅広く楽しめるお酒なんだ。
とくにこれ、ほのかな甘さにも似た瑞々しいエキスのような旨味が口に残ることで、まるでおつまみに「もう一味」隠し味が加わるかのようなお酒なんだよね。そういえば、たとえばカレーなんかも最後の仕上げにちょっぴり甘さを加えてあげると、最初に舌にふれる甘さがまず「おいしい!」と認識させ、あとに続く複雑な香りや味わいを「おいしい」の中に包括できるんだとかなんとか。
でも、ぜんぜん甘ったるいわけじゃないから、キレも良い。そして海産物との相性も良い。
今回、fukunomoにもついてきた会津天宝の大根のお漬物、イカと昆布の味が強いので、ここで富山の酒との相性の良さが炸裂。 ほのかな甘辛さ。もう、最高でございます。(ToT)/
 ──────
4本目。これは最近、個人的にとても好きになってる愛知県常滑市の澤田酒造さんから「純米吟醸酒・白老」。使用している酒米は広島が誇る千本錦という、広島県のオリジナル品種だよ。
華やかで爽快感ある新しさを感じさせる味わいと、飲み飽きずじっくり深く味わえる昔ながらの良さをそれぞれバランスよく合わせた、食前、食中酒としてオールマイティな一本。最初に飲んだサッポロビールの新しいSORACHI1984に似たニュアンスかもしれないね。
これもぜひ、飲んでみて? あ、先にお水飲んでおく?
今日は結構、もりだくさんだからね。一気に飲み過ぎてしまわないように、ちょっとずつ、ちょっとずつ、楽しみながら。ね? (*’ω’*)
どうでしょ? このお酒、ここまで綺麗な吟醸香がありながらも食中酒としてぐいぐいイケるのは特筆すべきだと思うんだよね。 吟醸酒なのに、砂肝なんかと合わせても臭みが気にならない。白老さんは元々、飲み飽きない酒が身上の蔵なのかな…? ここまで綺麗なのに、とても落ち着く味。やっぱ好き。
常滑市は中部国際空港がある市でもあるから、いつか行ってみたいなぁ…。というか、白老さんのお酒はまたリピートしたいな。(*´▽`*)
──────
そして5本目。福島市、金水晶むろか生。 専門店でしか買えない限定酒のくせに、ウチではもはやお馴染みのお酒だね。
金水晶さんは福島市で唯一の造り酒屋さんだけど、金賞受賞常連蔵の一角を占めていながらも、福島の酒の中でも他にない独特の味わい。
このお酒のペアリングは基本的に、地元の郷土料理イカにんじんのような甘じょっぱい味わいに合うというのが王道なので、今回の玉旭BLACK同様に会津天宝の漬物にもバッチリ合う…のだけど。やっぱりボクは、この酒をこれに加えて焼鳥や餃子などの油ものに推したいね。
ちょっと前に福島TRIPという媒体で書いた福島市観光の記事でも熱弁したんだけど(笑)、このお酒は艶やかで華やか、ゴージャスにして透明感あふれ、その名前のように、まるで金や水晶がキラキラと煌めくかのようなイメージの、とてもとても美しい味わいなのです。まさに「美酒・福島」。
これを特に旨味成分、肉汁、脂などが強いモノと掛け合わせると、それらが口の中で旨味が弾け、ほとばしる!! のです。もう、ジュルリ…って舌なめずりしちゃうくらい? ( *´艸`)
なので、今日の牡蠣フライに合わせても、最高過ぎるから、合わせてみてー?
 ─────
ふぅ。。今日は、ちょっとずつ飲んだとはいえ、もりだくさんに飲んじゃったねー。少し酔っちゃった? ふふ。イイ気分だね~♪
最初にも言ったけどさ。日本全国に桜の名所がたくさんあるように、お酒も日本全国に銘酒がたくさん。だから花見をするにも、花見酒を飲むにしても、楽しみ方や味わいは土地それぞれにあるのだよね。
金水晶の社長さんも言ってたけど、まさに「日本酒は地元の誇り伝える親善大使」
でも、地元の誇りを一身に背負っていながら、同時にこんなにも平和的で。こんなにも多様性があって。
そういうの、すっごく素敵だと思わない? ちゃんと使われれば、お酒は世界を平和にする!!
…なーんて、すっかり酔っ払いのセリフそのものだね。( *´艸`)

林 智裕 (Hayashi Tomohiro)

フリーランスライター。1979年生まれ。いわき市出身、福島市育ち。 現在 【Media Rocket】の他、福島の美酒と美肴のマリアージュを毎月お届けする【fukunomo(ふくのも)】、地域の魅力やグルメ情報を発信する【福島TRIP】など複数メディアにて連載中。 また、【SYNODOS (シノドス)】【ダイヤモンドオンライン】【Wedge】【現代ビジネス】などでは不定期でビジネス向けの記事を執筆。 書籍『福島第一原発廃炉図鑑』(開沼博・編、太田出版)ではコラムの執筆を担当。

シェア ブックマーク LINEで送る

同カテゴリ記事

もっと見る now loading

ABOUTメディアロケットとは

メディアロケットは、福島を中心とした「ローカルな食」の魅力をお伝えし、楽しんでいただくメディアです。 → 続きを読む

メディアロケットで
自社の商品を
PRしたい方はこちら

人気ランキング TOP5

  • 低温調理

    低温調理のステーキと普通に焼いたステーキ、同じ条件で味を比べてみました

    2018.01.11

  • ローカルフード

    いまさら聞けない肉の部位の名前【肉好きのための基礎知識】

    2018.01.16

  • 海外の食文化

    「アブルッツオ」でイタリアのハムとチーズの実力を知る〜イタリア生産地を巡る旅①

    2019.04.26

  • ローカルフード

    食イベント「酒蔵の特別室で楽しむ吟醸酒と会津喜多方牛」で春の喜多方を満喫

    2019.05.06

  • 肉の愉しみ

    知っているようで知らない!?牛肉の部位と特徴

    2019.05.03

アーカイブ

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube